生理予定日ごろの出血は妊娠?それとも流産?生理との違いや見分け方

スポンサーリンク

妊娠希望の方にとっては生理予定日付近に出血すると妊娠したことによる着床出血なのかはたまたいつもの生理なのかとても気になってしまいますよね。

今回の記事では

  • 生理予定日ごろの出血は妊娠?それとも流産?
  • 生理の出血との違いと見分け方

についてまとめています。

スポンサードリンク

生理予定日の出血が妊娠だった時の症状

12fwa4495こんにちは、ゆにっき!です。
妊娠希望の場合、生理予定日付近になるとなんだかそわそわしてしまいますよね。生理予定日付近の出血には4つの可能性があります。

妊娠した場合

まず妊娠による出血だった場合、生理予定日の1週間前~生理予定日にかけておりものに少量混じる程度の出血が見られる場合があります。これを「着床出血」といいます。

着床出血は全員にあるものではなく、大体50人に1人程度の割合で発生します。着床出血の期間は1日だけという人もいれば1週間以上続く場合もあり、出血の量にも個人差があります。出血の具合を見ただけでは妊娠かどうかの判断はつきませんが、生理予定日の1週間後には妊娠検査薬が使えますので、そこで陽性だった場合は妊娠の可能性が高いです。

【関連記事】

生理予定日の出血が流産だった時の症状

また、残念ながら流産だった場合は下記のような兆候が表れることがあります。

流産の場合

生理予定日周辺から7日間ほどの間に茶色いおりものや少量の出血が認められる場合が多く、だんだんと出血の量が増えてきて通常の生理のような出血になります。下腹部の痛みがある場合もあります。これを「化学流産」と呼ぶこともあります。

化学流産は赤ちゃんの染色体異常が原因で起こる流産で、防ぐことはできません。流産は一度妊娠したものの残念ながら赤ちゃんが死んでしまうことなので、初期の妊娠検査薬の反応は陽性になります。ただ、流産してしまったあとは陰性反応に変わります。

妊娠と生理などの出血の違い

出血具合などによる妊娠、流産、生理、不正出血の4つの違いをまとめます。

  • 妊娠したときのポイント
  • 生理予定日の1週間前~生理予定日にかけて出血があった
  • 高温期が2週間程度続いている
  • 妊娠検査薬が陽性になった

これらの症状があった場合は妊娠である可能性が高いです。ただし、子宮外妊娠などの異常妊娠の場合でもこのような症状が出る場合がありますので、病院で子宮内に胎嚢(たいのう)が確認できるかをなるべく早く確認します。

  • 流産のポイント
  • 生理予定日周辺から7日間の間に少量の出血があった
  • 高温期が2週間以上続いていたのに体温が下がった
  • 妊娠検査薬が陽性である(陽性だったのに陰性に変わった)
  • 最初は出血の量が少なかったのにだんだんと増えてきた
  • 下腹部痛があった

このケースは残念ながら流産してしまった可能性も考えられます。ただ、絶対に流産したとは言い切れません。病院での診察を待って判断することになります。下腹部痛など、出血以外の症状があるときは他の異常も考えられますので、早めに病院にかかりましょう。

  • 生理のポイント
  • 生理予定日あたりから出血が始まった
  • 体温が下がった
  • 妊娠検査薬が陰性である

また、これらに当てはまる、当てはまらないに関わらず不正出血の可能性もありますので、何か気になることがあれば遠慮せず病院にかかるようにしましょうね。

3つのポイントまとめ

初期の出血で妊娠かどうかの違いを判断するためには

  • 基礎体温の変化
  • 妊娠検査薬の結果
  • 産婦人科での診察

この3つの要素が大きく絡んでいます。ただし、生理不順な方や妊娠検査薬の使用時期を誤ったことによる間違いもありますので心配な時はお近くの産婦人科で相談するようにしましょう。

【関連記事】

最後に

妊娠希望のママさんの場合生理予定日が近づくたびにドキドキしてしまうことがあると思います。でも気にしすぎて精神的なストレスになってしまう方もいますので、そうならないようおおらかな気持ちで毎日を過ごすようにしましょうね。

【関連記事】

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました