ゆにっき!

はじめての子育て応援します♪妊娠・出産・育児体験談

妊娠

びらんの妊娠中の影響は?出血や症状、痛み、治療は必要?

投稿日:

妊娠中の診察でびらんがあることが分かり、何度も出血してしまう…そんなとき赤ちゃんに悪い影響がないのかと心配になってしまいますよね。

今回の記事では

  • びらんによる赤ちゃんへの影響
  • 出血などの症状や痛みは?
  • 原因は?
  • 治療は必要?

についてまとめています。

スポンサードリンク

びらんの妊娠中の影響は?

330532こんにちは、ゆにっき!です。
妊娠中に出血すると赤ちゃんに問題があるんじゃないか、流産なんじゃないかと、本当に心配になってしまいますよね。今回は妊娠中に出血しやすいと言われる「びらん子宮膣部びらん」についてお話します。

子宮膣部びらんとは?

まず、子宮腟部びらんとは子宮の入り口のところがただれている(ように見える)状態を指しており、病気ではありません。ただ、「ただれている」という言われ方をすると何か危険があるのではないかと心配になってしまいますよね。

妊娠中は女性ホルモンの一つであるエストロゲンが多量に分泌されるため、その影響で子宮膣部がふくらみ、めくれているように見えることから「ただれている」という表現がされます。
びらんがあると出血が起こりやすいのですが、びらんによる出血は妊娠中以外にも起こります。ただ、妊娠中は特にエストロゲンの分泌量が増え、体内の血液量が増え、赤ちゃんを出産する準備で子宮がやわらかくなるため、それが原因でより出血が起こりやすくなります。

赤ちゃんへの影響は?

びらんは病気ではありませんし、出血したとしても赤ちゃんのいる子宮から遠いところの膣の入り口付近で起こるので、特に赤ちゃんへの影響はありません
ただ、びらんが出来ていると内診などの刺激やエッチの時などの刺激で簡単に出血しやすく、頻繁に起こることもあるので、それを見たママが心配になり、それが「精神的なストレス」になってしまうことがあります。ストレスは赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうことがありますので、出来るだけゆったりと過ごすようにし、心配であれば病院の診察を受けて不安を取り除くように努めましょう。

びらんの出血などの症状は?

びらんによる出血などの症状は様々で

  • おりものが増える
  • 少量の出血でおりものがピンク色になる
  • 下着に茶色い出血のあとが残る
  • ティッシュで拭いたときに少量の鮮血がつく
  • エッチの後は比較的多めの量が出る

ということがあります。出血は一時期だけでおさまることもありますが、中には妊娠6か月まで続いたという方もいます。

スポンサードリンク

びらんで出血したときに痛みはある?

びらんによって出血したとしても痛みはありません。痛みがないので放置しがちですが、出血しやすいということはその部分が少しの刺激に敏感になっているということです。清潔にしておかないと感染症にかかる可能性もゼロではありませんので、常に清潔にして過ごし、おりものや出血などの症状の変化には常に気を付けて過ごすようにしましょうね。

治療法は?

出血も少なく、医師から特段の指示がなければ特に安静にする必要もなく、通常通りの生活で問題はありません。ただし、場合によっては膣内洗浄が行われたり、抗生物質をだされることもあります。頻繁に出血する場合には止血剤をだされたり、手術で取り除くこともあります。手術と言っても長期入院の必要はなく、週に数日の通院で終了することがほとんどです。

ただし、こんな危険も

びらんがあって出血をした場合でも、影には重大なリスクが潜んでいる可能性もあります。私の知り合いに少量の赤い出血はあったけど、痛みがなかったので、そのまま放っておいたところ、翌日には突然の腹痛が襲い、切迫流産と診断されたというケースがありました。その方は即入院させられてしまうほどの重症だったので、そのようなケースもゼロではありません。決して自己判断せず、少量でも出血があった場合にはすぐ病院に連絡し、指示を仰ぐようにしましょう。

最後に

基本的にびらんは放置しておいても問題ないことが多いですが、出血を見て不安な気持ちになってしまう妊婦さんは少なくありません。どんな症状でも気になることがあればすぐにかかりつけの病院に相談するようにしましょうね。

スポンサードリンク

-妊娠
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

妊娠中の旅行の影響や危険性 安定期なら行ってもいい?車を使うのはOK?

妊娠中に旅行に行きたい、車を使って出かけたい。そんな風に思ったことはありませんか?でも妊娠中の旅行は避けたほうがいいと聞くしどうしたらいいの?と疑問をお持ちのあなたに、 スポンサードリンク 今回の記事 …

妊娠線クリームは効かないなんてウソ!いつから始めていつ塗ると効果的?体験談付

妊娠しておなかが大きくなってくると嬉しい反面、「妊娠線できちゃったらどうしよう!!」って気になりますよね。 でも妊娠線クリームって高いし、普通の保湿クリームでもいいって聞くし、本当のところ「ど・う・な …

妊娠中の安定期って何週目?それまでの注意点や気をつけること12選

妊娠初期のころの検診などで「安定期に入るまでは安静にしてね」と言われることは良くあります。でも安定期って何週目のことなのか、どうして安静にしてなければいけないのか、あなたはご存知でしょうか? スポンサ …

逆子体操は危険?いつからするのが効果的 回数やコツ ポイント5つ

逆子を直すのに効果があると言われている逆子体操。逆子ちゃんを心配しているお母さんの中にはその内容について気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スポンサードリンク 今回の記事では 逆子体 …

妊娠したら性別はいつ分かる?男の子の症状や女の子の特徴

妊娠の期間がある程度進んでくると気になるのが赤ちゃんの性別。男の子と女の子の見分け方にはいろいろな特徴やジンクスがあると言われていますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。 スポンサードリンク …

Profile


2015年3月生まれの歳の息子をもつ30代の新米ママです。
小麦、卵、ハウスダストアレルギー持ち。
少々発達障害グレーの息子です。
早生まれで保育園入園は緊張しまくりでした。

夫と3人で明るく楽しくお得な生活を目指しています。
ためになる情報はどんどん共有していきますね♪



にほんブログ村 子育てブログへ

Twitter