離乳食初期のバナナの保存や冷凍、レンジの使い方

スポンサーリンク

離乳食初期にも活躍できるバナナ。でもすぐ黒くなってしまうし、どうやって保存したらいいのか、迷ってしまうことありますよね。黒くなったバナナは見た目も悪いですし、赤ちゃんに嫌がられてしまうかもしれません。

今回の記事では

  • 離乳食で使うバナナの上手な保存方法
  • バナナは冷凍してもいいの?
  • 食べるときはレンジにかけるの?
についてまとめています。
スポンサードリンク

離乳食初期のバナナの保存方法を教えて!

291385こんにちは、ゆにっき!です。

離乳食初期から扱うこともあるバナナですが、すぐ黒くなってしまいますよね。どうやって保存しようか困ってしまうお母さんも多いことでしょう。まずはそんなちょっと気を遣うバナナの保管方法についてお話します。

バナナの上手な保存法

バナナは房ごと保存しておくと痛みが早いので、なるべく早く1本ずつにばらします。そして1本ずつビニール袋に入れてくるくると丸めて保存すると比較的長持ちします。

バナナを離乳食初期に使うときは要注意!

実はバナナは人によっては花粉症などのアレルゲンとなる食品です。家にバナナでアレルギーが出る人がいたり、子供がアレルギー体質の場合は離乳食後期(生後9ヶ月~)からあげるようにしましょう。

もしアレルギー体質ではなかったとしても、最初はすりおろしたものを小さじ1ずつの少量から与えます。また、バナナの上の方は薬剤で消毒されていることがありますので、下の方をあげるようにしましょう。
そして念のため、病院が開院している平日の午前中に与えると安心です。

離乳食のバナナは初期から冷凍してもいい?

バナナは生の新鮮な状態で使うのが一番望ましいですが、やむを得ないときは離乳食初期でも冷凍保存が出来ます。
初期はすりおろしてから与えることが多いですが、すりおろしたあとに冷凍すると黒くなって見た目が悪くなってしまいますので、バナナを一口大に切ってからくっつかないようにアルミ板などに並べてラップで密閉し冷凍するようにします。
使うときは取り出して常温に置いておくと10分ほどで溶けてきますので、半冷凍の状態で使うとすりおろしやすいです。

スポンサードリンク

離乳食のバナナ 初期はレンジ加熱が必要?

バナナなどの果物類は特に加熱しなくても良いとされていますが、前述のとおりアレルギーが懸念される場合は加熱処理してからあげるようにしましょう。加熱することによってアレルゲンが減ってきます。もちろんレンジも使うことができます。

初期のころはバナナをすりつぶした状態で500w10秒くらいずつレンジの様子を見ながら加熱していきます。少量の時は焦げやすいので、目を離さないようにしてくださいね。

また、ごっくんが慣れてきたらすりつぶさなくてもレンジで加熱すればトロトロになるので、その状態ですりばちなどに入れスプーンで押しつぶしてあげても良いでしょう。

最後に

安く大量に買うことのできるバナナ離乳食の強い味方ですね。上手に使って食材のレパートリーを増やしましょう。ただし、果物は糖類が多いのであげすぎは禁物です。主食類をきちんと食べてから週に1~2回あげる程度に抑えると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました