ゆにっき!

はじめての子育て応援します♪妊娠・出産・育児体験談

育児

夜泣きの原因は母親のストレス。ひどい夜泣きが治った簡単な対策とは?

投稿日:


2歳と1歳の年子の男の子を育てています。

静寂とはかけ離れた日々。その様子はさながら動物園です。
同じ親から産まれてきたはずの息子たちは、
まぁこんなにも違うものかと毎日発見の連続でもあります。

食べ物の好みから性格まで、真逆と言ってもいい二人ですが、実は夜泣きの様子も真逆でした。

今回は特に夜泣きのひどかった長男について、
私のとった対策をご紹介します。

スポンサードリンク

泣きたいのはこっちだ!一晩中続く戦い

いつまで続くのか?夜泣き中のママなら誰もが思う疑問です。明日終わると解っていれば、頑張れることもありますが、終わりが見えないというのは本当にストレスですよね。

息子は新生児期からよく泣く(眠りがとても浅い)赤ちゃんでした。未熟児で産まれたとは思えないほどの大声で泣くのです。
最終的に彼の夜泣きの一番のピークは4ヶ月から6ヶ月ぐらいまでの約2ヶ月ほどでした。

慣れない初めての育児。今では笑い話ですが、泣くたびに飛び起きていました。
一時間どころか三十分も眠ってくれない息子。
オムツ→ミルク→抱っこ→寝る→泣く→オムツでもない→ミルクは間隔的にあげられない→抱っこ→泣く。

寒いのか、暑いのか、そういえば便秘気味かも、、体調が悪いのかと不安になれば、だんだん苦しそうな顔に見えてくる。

えぇ。完全に負のループです。昼間働いてる主人を、起こしてはいけないという気持ちもあり、電気もつけない、テレビなんてもってのほか。
優雅にお茶をする時間なんて、これから先二度とないんじゃないか。
もう夜がくるのが苦痛で仕方なかったです。

私が調べた夜泣き対策・対処法

とにかく少しでも軽減しないものかと調べました。
朝はカーテンを開けて、夜は暗く。昼間は遊んで、疲れさせてた方がいい。いいということは大体やってみました。

実行してみた夜泣き対策・対処法

抱っこして揺らしてみる

とにかく置くと泣くので、一日中抱っこです。抱っこなら少し寝てくれるので、そのままソファーで眠ったりもしましたが、疲れは溜まる一方でした。

抱っこしてスクワットしてみる

抱っこしてスクワットも効果的でしたが、
私は抱っこ紐から降ろすのが致命的に下手だったので、イマイチこの技は使いこなせませんでした。

開き直ってみる

そんな私がとった最大の対処法は、、、開き直る!!
こんな簡単なことですが、実はこの方法が息子には、一番効果がありました。

好きにしてくれ!トコトン朝まで付き合うぜ!というスタンスになった途端、
嘘みたいな話ですが、スーっと眠りにつくようになったんです。

スポンサードリンク

夜泣き対策を実行してみた結果

皮肉なことですが、理想の素敵な母親であろうと
すればするほど私は疲れはて、余裕がなくなり、夫婦間もギスギスしていました。

息子の夜泣きの原因は、もうこんな時間だ、早く寝かせなきゃ、静かにさせなきゃという母親である私のイライラが、赤ちゃんに伝わってしまっていたのです。

どんなに大声で泣いていても、
起きてくれない主人にイライラすることもありました。
こっちはろくに寝ていないのに!と全く余裕がありませんでした。
子どもをあやしてくれなくてもいい、少し労いの言葉をかけてくれるだけで、
寝てていいよと言える優しい妻になれるのに、と何度思ったことか。(笑)

私の場合、主人に対しても開き直るのは効果的でした。

開き直って気遣いを放棄!

泣き止まないものは仕方がない。私に腕は二本しかないのだ!開き直った私は、今までの気遣いを放棄しました。
起きない主人にイライラする代わりに、主人の耳元にそっと大泣きの長男をプレゼント(放置)して、ミルクを作りにいくようになりました。

だんだん力の抜きかたをマスターしていったのです。

次男はほとんど夜泣きがなかった

そんな母親に育てられた次男は、
産まれた時から(私のストレスが少なかったせいか)
ほとんど夜泣きがありませんでした。
現在1歳3ヶ月で、卒乳もしていますが、
電気を消しただけで、トコトコと私の側にくると
コロンと転がり、何もしなくても眠りにつきます。
長男が大変だっただけに、本当に親孝行な息子です。

さいごに

出産後、私は子どもをちゃんと育てあげなきゃ・・・と、いっぱいいっぱいになり、我が子が可愛いと思えないほど、その責任に押し潰されそうでした。
でも当たり前のことですが、自分一人で人間を育てられる訳はないのです。

一人で抱え込まず、たまには周りに甘えて、頼ってみてください。
母親のメンタルは、思った以上に赤ちゃんに伝わっていますよ。
ちなみにイヤイヤ期の兄弟と闘う今の私の目標は、自分の機嫌を自分でとれるようにすることです。

スポンサードリンク

-育児
-

執筆者:

関連記事

子育てが辛い 夫にイライラ!育児に疲れた 逃げたいと思った時に読んでほしいこと

「子育てがつらい・・・」「ついイライラしてしまう・・・」 なーんて夫に相談してもなんだか上の空。 あんまり育児に参加してくれないし、やってくれたとしてもなんだか中途半端。。もう育児も家事も全部投げ出し …

赤ちゃんの免疫 6ヶ月まではお母さんとの外出は控える?

赤ちゃんは6ヶ月ごろまではお母さんの免疫によって守られていて病気にかかりにくいと言います。でも6ヶ月過ぎたらやはり外出は控えるべきなのでしょうか? 今回の記事では 赤ちゃんの免疫は6ヶ月くらいまでと言 …

母乳の圧抜きのやり方と絞る量 卒乳で胸の張りがひどい時の対処法

母乳を卒乳したあとに困るのがお母さんのおっぱいの張り。 卒乳をするときにも卒乳が終わった後にも悩みが尽きないお母さんは本当に大変ですよね。 今回の記事では 母乳の圧抜きのやり方 母乳を出す量はどのくら …

母乳の卒乳はいつ頃?ミルクに切り替えるタイミングは?夜中はどうする?

母乳の卒乳を考えているお母さんはいつ頃、どのようにしたらいいのか迷ってしまいますよね。きっぱりやめていいのか、ミルクに切り替えてもいいのか、タイミングはどうしたらいいのか、夜中はみんなどうしてるのか・ …

赤ちゃんがゲップの時に泣く・・・上手く出せない時の簡単な出し方

赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲んだあとはゲップをさせよう! スポンサードリンク 妊婦さんのうちからこのことを知っているお母さんは多いと思います。でもいざゲップをさせようと思っても赤ちゃんが泣いてしまっ …

Profile


2015年3月生まれの歳の息子をもつ30代の新米ママです。
小麦、卵、ハウスダストアレルギー持ち。
少々発達障害グレーの息子です。
早生まれで保育園入園は緊張しまくりでした。

夫と3人で明るく楽しくお得な生活を目指しています。
ためになる情報はどんどん共有していきますね♪



にほんブログ村 子育てブログへ

Twitter